岐阜市でインプラント治療を行うなら、まなべ歯科クリニック

まなべ歯科クリニックでインプラント


【 相談無料 】 携帯・スマートフォンからも通話料無料で相談できます。

インプラントに関する悩み・疑問を相談

まなべ歯科クリニックでインプラント

インプラント治療前のCT撮影を含む検査無料で受けられます。

岐阜市でインプラント治療を行うなら、まなべ歯科クリニック

名称: まなべ歯科クリニック

院長名: 眞鍋 圭介

郵便番号: 501-0115

所在地: 岐阜県岐阜市鏡島南1丁目11-15

お電話でお問い合わせは >> コチラ

診療エリア: 岐阜 岐阜市

岐阜市でインプラント治療を行うなら、まなべ歯科クリニック

↑↑↑↑↑↑
インプラントに関する悩み・疑問を解決

インプラントについて

いつまでも素敵な笑顔

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのなんですね。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費を覚悟しましょう。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかなんです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それだけでなく、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすのが無難です。



普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いなんです。


傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターなんですね。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものなんです。
入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必須といえるでしょう。



高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着させるのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのなんです。
インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。



インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。


まなべ歯科クリニックでインプラント まなべ歯科クリニックでインプラント
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。



ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大事なメリットの一つなんです。



自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものなんですね。これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つなんです。

院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してくださいね。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。


問題が起こるリスクを軽減するためにも、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。


あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。



この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。


まなべ歯科クリニックでインプラント まなべ歯科クリニックでインプラント
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。


医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してくださいね。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのなんですね。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてくださいね。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのなんですね。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。



治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。

おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差が出てきます。

また、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要なんです。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によって大きく異なります。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。



インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してくださいね。これらのケース、その他の困難なケースであれば長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してくださいね。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須なんですね。


さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事なんですね。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。


保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因なんですね。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。



インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されていますね。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的なんです。


インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのなんですね。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用しますね。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はしっかり禁煙するべきでしょう。



現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということなんですね。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっていることも考えられるので、放置はできません。
より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。